群馬県難病団体連絡協議会
  1. Home
  2. »
  3. 加盟団体
  4. »
  5. 群馬県腎臓病患者連絡協議会

群馬県腎臓病患者連絡協議会

 群馬県腎臓病患者連絡協議会(略称:群腎協)は、1973年(昭和48年)に結成された透析患者の会です。群馬県内の透析を行っている病院、クリニックにも患者会「腎友会」が結成されていて、そこで透析医療を受けている患者さんが会員となっています。

 さらに、全国の都道府県にも同じように結成されている患者会があります。そして「一般社団法人全国腎臓病協議会」(略称:全腎協、所在地:東京都豊島区)に加盟して「国会請願行動」など透析医療を守るための要望・活動を行っています。

 いまでこそ安心して透析を受けられるようになりましたが、40年以上前の腎患者は透析機器の台数が少ないうえに高額な医療費がかかるため、透析をうけるのも容易ではありませんでした。全国の先輩患者の方はこうした状況の中から患者会を結成し、多くの皆様方のお力添えをいただきながら、透析医療費の公費負担や透析施設の増設・身体障害者の認定、等々の諸要求実現を図ってくれました。

 『いつでも、どこでも、誰でも安心して透析医療が受けられる』医療体制の確立、不安なく暮らせる年金制度の改善、社会保障及び社会福祉の充実と向上を願って活動しています。また、患者同士の交流と親睦のため行事の開催、透析医療や自己管理、腎移植に関する勉強会等も開催しています。 

団体概要

会員数2171名(平成29年4月1日現在)
事務局〒371-0843 前橋市新前橋町13-12 県社会福祉総合センター内
会長清水操
お問い合せ電話番号:027-255-6235 FAX:027-255-0065

入会について

入会方法

各病院、クリニックの腎友会に本会所定の「入会申込書」がありますので、ご記入いただき会費(群腎協会費と腎友会会費)を添えて腎友会の役員の方へお申込ください。

入会金

なし

会費

群腎協会費:年会費4,200円
腎友会会費:腎友会にて決定